TINY MUSIC LIFE

音楽を仕事にする方法やビジネス論、考察や小ネタなどをお届けする音楽情報ワンパーソンメディア。by TINY RECORDS八木橋一寛

コロナショック以降に閉店となったライブハウス一覧

f:id:TinyBicycleClub:20201007212303j:plain

型コロナによる経営的な影響を特に強く受ける飲食業ですが、ライブハウスの多くも飲食店営業として申請を行っています。

 

次第に来場者を入れた営業も再開をし始めてはいますが、真っ先にクラスター源と名指しされた事もあり、その間に既に閉店をしてしまったライブハウスも数多く出てしまいました。

 

SNSなどで「閉店」のアナウンスは何度も目にはしましたが、これを"数多く"と漠然と認識するのではなく、具体的にどの位の数なのかも知るべきだと思い、今回は私なりにコロナショック以降に閉店となってしまったライブハウスの数や時系列、地域などから、実情を少しでも正確に把握できればと考えています。

 

新型コロナの影響か否かについて、明言していない場合もありますし、私個人で調べたのみですので漏れもあるかと思いますが、あらかじめご了承くださいませ。

 

 

2020年3月閉店のライブハウス

  • 富山Soul Power:2020年3月22日閉店

 

2020年4月閉店のライブハウス

  • 神保町楽屋:2020年4月10日閉店
  • 池袋CANOPUS:2020年4月26日閉店
  • 新宿JAZZSPOT J:2020年4月30日閉店
  • 札幌COLONY:2020年4月30日閉店
  • 京都VOXhall:2020年4月30日閉店

 

2020年5月閉店のライブハウス

  • 渋谷Glad:2020年5月31日
  • 渋谷VUENOS TOKYO:2020年5月31日
  • 渋谷LOUNGE NEO:2020年5月31日
  • 浅草ゴールデンタイガー:2020年5月31日
  • 横浜Hey-JOE:2020年5月31日
  • 下諏訪チャーリーズハウス(長野):2020年5月31日
  • 佐賀Rock Ride:2020年5月31日

 

2020年6月閉店のライブハウス

  • 那覇G-shelter:2020年6月9日
  • 高円寺ペンギンハウス:2020年6月17日
  • 登戸STARGICROOM:2020年6月30日
  • 新宿SACT!:2020年6月30日
  • 宜野湾HUMAN STAGE:2020年6月30日

 

2020年8月閉店のライブハウス

  • 秋葉原CLUB GOODMAN:2020年8月16日
  • 横浜O-site:2020年8月31日
  • 新宿レッドノーズ:2020年8月31日
  • 池袋RUIDO K3:2020年8月31日
  • dues新宿:2020年8月31日
  • 名古屋ブルーノート:2020年8月15日

 

2020年9月閉店のライブハウス

  • 吹田TH HALL:2020年9月20日
  • 新宿RUIDO K4:2020年9月30日
  • 高円寺Grain:2020年9月30日
  • 京都レアレア:2020年9月30日

 

2020年10月閉店のライブハウス

  • 下北沢GARDEN:2020年10月18日
  • 札幌ふぁーすて:2020年10月31日

 

2020年11月閉店のライブハウス

  • 六本木morph-tokyo:2020年11月30日
  • ライブスペース桃源郷(新潟):2020年11月1日

 

2020年12月閉店のライブハウス

  • 赤坂CLUB TENJIKU:2020年12月31日
  • Zher the ZOO YOYOGI:2020年12月31日
  • 浜松Planet Cafe::2020年12月31日

 

最後に(まとめ)

これまで新型コロナ関連やライブハウス関連記事は何度も書いていますし、今回は「まずは認識を」という主旨になる為、私の所感などはここでは割愛します。

キャパシティ50人以下などのごく小規模な会場やクラブなどは探しきれない部分もありましたので、基本的にはキャパシティ50人以上の演奏スペースのあるライブハウスを今回は掲載しています。

 

漏れなどもあるかと思いますし、今日以降の閉店日付の会場については"予定"としてアナウンスされているとご認識ください。

 

今回ここに挙げただけでも35店舗で、うち20店舗が東京都内の会場でした。

閉店月としては4〜6月、そして8月が多く、緊急事態宣言が4月7日から(県により同月16日から)5月31日まで出されていた事を考えると、ライブハウスにとって営業自粛がどれだけ経営に直結したのかを痛感させられます。

 

なかなか個人レベルでどうにかできる問題でもありませんし、ライブ会場に足を運ぶことにリスクを感じる方にまで「ライブハウスに行こう・利用しよう」と呼びかけるのもおかしな話ですので(そんな中、Go Toイベントは始まりますが)、今回の記事については考えるきっかけや頭を整理する資料になっていただけたら幸いです。

 

ではまた明日◎ 

にほんブログ村 音楽ブログへ

 

※今後新たにスタートしていきたい企画やサービス、情報もあるので、以下のLINE@やTwitterのフォローもお願いします◎